吹奏楽部OB・OG会

吹奏楽部OB・OG会

ファミリーコンサートを開催しました。

8月23日(土)、鶴見区民ホールにて、現役生とOBバンドによるファミリーコンサートを開催しました。
左写真は、演奏会ラストのサプライズ、現役生100名による「手紙(アンジェラ・アキ)」の合唱と、バック演奏のOBバンドの模様です。この写真は保護者の方がプレゼントしてくださいました。
オープニングに、28日の関西大会を間近に控えてます心組により、「ブライアンの休日」「歌劇トスカより」が演奏されました。ますます磨きがかかり、とても素晴らしかったです。
次に、OBバンド約40名が「ペルセウス~大空を翔る英雄の戦い」を披露しました。
18期のフルートの積川さんが、高校卒業以来43年ぶりに舞台に出られました。

そして、ファミリーコンサートのクライマックス、響組の演奏が始まりました。

「海を越える握手」「あの日聴いた歌」を披露したあと、日本管楽合奏コンテスト出品録音を兼ねて、「絵のない絵本」を演奏しました。
写真は、ラストのコーラス部分です。生き生きと、持てる力を存分に出してくれました。

最後にOBバンドが舞台の上で、現役生が下のフロアーで、合同演奏「奇跡のつぼみ」を奏でました。
そして、冒頭の写真のように、「手紙」へと進みました。
感極まり涙しながら歌う現役生もいました。

最初から最後まで、応援の気持ちと感謝の気持ちで会場が満たされ、暖かく感動的なコンサートとなりました。

追伸
東京から駆けつけてくださった36期渡辺君と、お世話になった懐かしいお母様、内山夫妻(ともにブラバンOB)等、先輩後輩の34期から37期が顔をあわせ、ささやかな同窓会も繰り広げられました。

~奏友会~





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です