ワイワイと“暑気払い”

2017年10月01日(日)
 猛暑日が続いていた8月28日の夕方、“暑気払い”と称して、同窓生有志、11名が久しぶりに集まって一杯やりました。
 参加したのは、酒井八郎君、末廣訂君、川村浩一君、田端建機君、駒崎雅哉君、松田修蔵君、岸川常正君、塩野憲次君、竹田裕彦君、上野裕通君、そして私、張志朗の男ばかりです。



7月の初め、川村君から“暑気払いをやろう”との声がかかっていたのですが、ぐずぐずしている間に8月の盆休み直前。川村君から日時を指定しての再連絡があり、私もこのままでは、8月が終わり、暑気払いの名目が無くなると、慌ててメールと電話で連絡しました。そんな訳で、連絡先も行き届かず、限られた同窓生のみになってしまいました。平にご容赦下さい。
 場所はおなじみの阪神野田駅近くの「桜百番」。気楽で多メニュー、お気に入りの居酒屋です。この頃は食もお酒もほどほどが良いといった感じで、気軽さが何より一番です。
 6時からの予定でしたが、皆さん時間通り。酒井君は仕事を終えて、神戸からの参加、駒崎君は阪神野田駅をJR野田駅と間違えて、15分程余計に歩いたそうです。
 岸川君は梅田で映画を見てからの参加、上野君は昔の仕事仲間との麻雀を切り上げての参加でした。
 まずはビールで乾杯。それぞれ、メニューを注文してよもやま話に花を咲かせました。
 話題はやはり同窓生の消息と健康に関する話が多かったようです。原清明君が足が腫れて入院し、近く退院するとの話しに、武田博君が二度目の胆石の手術を控え入院中。元気一杯の酒井君も盆休み中の事務所の掃除で腰をギックリ。上野君はくるぶしを痛めてこのところ杖を手放せないとのことや肩を痛めた末廣君は手術の必要があるかもしれないなどなど。やはり皆さん、体の不具合をどこかに持ちながらの生活なのですね。
 それはそれとして、同窓生と酒食を共にすると気分は晴れ、楽しくそしてさわやかなもの。名も実も暑気払いでした。
 竹田君の商売(生け魚専門の中卸)は、外国旅行者特需で引き続きいそがしいそうです。大阪で有名な大衆フグ料理店からの大量受注で息を吹き返していると言いますから、愉快な話です。また長期にわたるご両親の介護を終え、今は月に一回、奥様と旅行を楽しんでいるそうです。松田君は家事の内の「洗濯を担当させてもらっている」そうで、これが案外楽しく、運動にもなると言っていました。また、今までは気にしなかった午後の天気予報は必ず確認すると自然体で笑っていました。
 田端君は難しい題名の書籍を小脇に抱えていましたし、塩野君は少し痩せてはいましたが、端正な居ずまいは変わりません。
 皆さん元気。以前のようにはいきませんが、それでも良く食べますし、結構飲みます。そしてよくお喋りをしました。あっと言う間に9時前です。11月11日の「市岡東京12期会」の件、10月10日から21日までの「圓尾君のガラス絵展」の件、カナダ在住の山本久美子(旧姓:古荘)さんが来日される事などをお知らせし、9時に散会となりました。
 
post by 12期HP編集委員

コメントをどうぞ

※スパム対策のためURLを含むコメントは一旦公開が保留となり、管理者が確認後に表示されます。