山本久美子(旧姓:古荘)さんの歓迎食事会

2017年11月01日(水)
10月20日の夜、カナダから帰国されていた、5組の山本久美子(旧姓:古荘)さんを迎えての歓迎食事会がありました。
 ご存知のように山本さんは40数年前、ご主人とカナダに移住されて、現在トロントに住んでおられます。また例年、この時期に休暇を取り、ご主人とともに日本に里帰りされています。仲良しの柏木赫子(7組)さんのお声かけもあって、毎年、12期同窓生有志の「歓迎食事会」を開いてきましたが、それも10年を越え、今や秋の恒例行事になりました。
 6時にヒルトンホテルのロビーで待ち合わせ。皆さん、集まるたびに握手をし、歓声を上げて1年ぶりの再会を喜んでいました。お初天神通りの「がんこ」が食事会の場所です。
ここには、山本久美子さんを中心に、酒井八郎君、古藤知代子さん(4組)、段中文子さん(5組)、田端建機君、木本みつるさん、柏木赫子さん、張志朗(7組)、川村浩一君、塩野憲次君
末廣訂君(8組)の11名が参加しました。毎回参加してきた川副研治君は、残念ながら体調不良で参加できませんでした。
 まず、遠来の友を歓迎して、末廣君が乾杯の音頭を取り、食事会が始まりました。酒井君は、自営の店を出る直前にお客さんが来られ、その対応で20分程遅れました。
 いつものことながら、同窓生が集うとそのお喋りは楽しく盛り上がります。
 参加者全員が、歓迎の気持ちをこめてショートスピーチをしました。近況報告が主でしたが、内容は、主に健康や趣味、そしてボランティアの話や仕事の話などでした。
 山本さんはトロントのカレッジで日本語の先生を続けておられます。そろそろ辞め時かと考えておられたとの事ですが、リーダーをしておられた最高齢の先生がリタイヤされ、その役職が回ってくるようで、今しばらくは続けなくてはならないようだと話していました。近年痛められた足の方もかなりよくなっておられるようで、それ以外は、健康そのもののように拝察しました。久しぶりに歩いた梅田界隈がすっかり変わってしまったと、驚きながら、駅前の木造の「旭屋」はどうなったのでしょうかなどと、なつかしく思い出しておられたようです。いまや、山本さんは「日系カナダ人」、カナダの日系社会では「オ-ルドカマ-」です。年齢を重ねるごとに、日本を思う気持ちが強くなっておられるようで、帰国前にいただいたメールでも、日本各地で続いた豪雨被害に胸を痛めておられました。
 「友、遠方より来る。愉しからずや。」は一致した感慨、また末廣君の「この集いがこれからも永く続くように」の言葉は全員共通の気持ちです。
 9時半ころ、「歓迎食事会」はお開きとなりました。「がんこ」の店先で、記念撮影をしました。ご覧ください。またすぐ近くの「お初天神」に全員でお参りしました。
 この日は、暑いくらいの秋晴れでしたが、夜風はやはり秋のそのもの。すがすがしい気持ちとなごり惜しい気持ちで再会を約束しました。  (張志朗 - 記 )



 
post by 12期HP編集委員

コメント 1 件

※スパム対策のためURLを含むコメントは一旦公開が保留となり、管理者が確認後に表示されます。

  1. 川副研治 より:

    12期HP編集委員:張志朗様
     山本久美子(旧姓古荘)さんの歓迎食事会の記事拝見いたしました。例年通り出席させて頂きたかったのですが、腰の具合が悪く失礼いたしました。長期に亘る脊柱管狭窄症のため歩行困難な状態になり断念した次第です。貴兄の記事を拝見し、最近めっきり外出の機会が少なくなった我が身にとってはチョッピリ羨ましく思いながら読ませていただきました。手術も検討していますが、リスクを伴うので躊躇している有様です。
    毎月末「12期の広場」UP前には色々大変なご様子、同窓生諸兄のために頑張っておられる貴兄に感謝しております。これからもHP継続のためにご尽力ください。

コメントをどうぞ

※スパム対策のためURLを含むコメントは一旦公開が保留となり、管理者が確認後に表示されます。