12期の広場

12期の広場

「12期の広場 」 12月号のラインアップ

 12月、師走です。さすがに寒くなりました。早々と我が家では、石油ストーブが活躍中です。
 1年の最後の月だけに、加速する時の流れへの戸惑いや、多事多難、決して平穏ではなかった日々への感慨など、いろいろあって、ちょっとした焦りみたいなものを感じてしまいますね。
 平成最後の12月。またその平成とほぼ重なった同窓会が最終回を迎え、喜寿に付合するように、77人が集まったことなどを思い起こしながら、1年の締めくくりにふさわしい12月になればと考えています。
 
 今月号の花は、洋花のラン、デンファレです。初めて聞く花の名、初めて見る美しい花で、穏やかな心持ちになります。
 高見政博君が送ってくれた5枚の写真の中から、これを選びました。そのメールに次のようにありました。
 「朝晩急に冷え込むようになりました。季節はもう晩秋ですね。今年も後40日余、いつの間にか忍び寄る老いを感じています。遅くなりましたが、12月の花です。12月は自然界で咲く花は山茶花など限られていて、適当なものがありません。どれにするか迷っていておそくなりました。そこで、今月は不本意ながら温室の花で、洋蘭にしました。写真はデンドロビュームファレノシプス、通称デンファレです。」
 思えばこの月に良く目にする花は、やはり洋花のようです。特にクリスマスが近くなると、大阪や神戸のショッピング街は、ポインセチアであふれかえります。大阪での万国博覧会開催も決まりました。これから関西の町なかで耳慣れない外国語を聞く機会が、さらに増えることでしょう。
 関東在住の同窓生のS君から、大阪万博の2025年に又会えるのかとのメールがありましたが、“齢84才、会えれば全く目出度いことですね” と返信しました。7年後も元気でいるだろうか・・・・・、はてさて如何なりますことやら。
 
 2018年最後の「12期の広場」のラインアップは、以下の通りです。
 「喜寿の同窓会」の報告文と、参加された10人の方々に書いていただいた文章を載せました。お楽しみください。
   
1. 「2018 大阪府立市岡高等学校12期同窓会が開催されました
2. 「同窓会に参加して」・・・・・・・・・・・・ 
2組 久保 幸子 3組 石井 孝和
3組 高橋   要 4組 重松 清弘
4組 藤田 勝利 5組 梶   英子
5組 山本久美子 6組 松田 修蔵
7組 柏木 赫子 8組 稲田   紘
      以 上






 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です