12期の広場

12期の広場

「12期の広場」2021秋号のラインアップ

 秋です。なによりありがたいことは涼しくなったことですね。散歩道の桜も葉が少なくなり、紅葉がはじまりましたし、街角のささやかな田んぼは黄金色、稲穂を重そうに揺らしています。空は高く、うろこ雲。街路に枯れ葉が舞います。秋本番はこれからです。行楽の秋、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋等々、秋のキャッチフレーズはたくさんあります。しかし旅行や外食、はては外出もままならない今、そのどれを楽しむのもちょっとはばかられますが、山装う錦繡の秋だけは近場でなんとかしたいと思っています。
 
 世間は依然と騒がしく、コロナ禍は「緊急事態宣言」が解除されても先行き不透明です。首都圏の患者数の増減や病床逼迫、さらに三回目のワクチン接種、第6波への危機感などが注目されていますが、今や関西圏もそれを上回ろうかとの状態です。さすがに、「気軽に梅田や三宮へ」とはいきません。こう言う時だからこそなおさら、国のトップへの期待が高まります。ようやく岸田文雄自民党新総裁が決まりました。各論はあっても総裁イコール首相ですから、岸田新首相にはその役割を存分に果たしてほしいものです。引き続いて衆議院議員選挙です。巣ごもりのなか、選挙カーの大音響や各種メディアの選挙報道一色にうんざりするでしょうが、避けては通れません。人々に寄り添う政治家が一人でも多く選ばれることを期待するばかりです。
 
 傘寿をむかえて初めての今夏は、昨年とは全く異なり、筆者には実に「しんどい夏」でした。熱帯夜とそのほかのイライラが重なり、眠れない日が続くことがありました。思い立って埃だらけのラジカセを探し出し、久々にラジオを聴きました。これが意外に新鮮で、心休まるものでした。多くのテレビ番組の「てんこ盛り」の喧騒に比べて、シンプルに音声のみ。今はNHKの「ラジオ深夜便」が気に入っています。特に午前1時頃にある「世界各地の今日の天気と気温」が妙に楽しい。アナウンサーの言葉に聞きほれて、かえって更なる夜更かしになる時もありますが、概ねいつのまにか眠りに落ちているようです。テレビ映像に慣らされている筆者にもラジオの言葉が刺さることがあります。雑音の入らない新しいラジオを買おうと思っています。
 冷気が忍び寄ります。今日から敷布団にマットレス一枚を追加することにしました。
 
 さて我が「12期の広場」2021秋号のラインアップです。今号は3人の同窓生にお願いした「俳句」で、いずれも味わい深い句ばかりです。秋の夜長、じっくりとお楽しみください。掲載順は原稿の到着順としました。
 
1. 「街に住む ・・・・・・・・・・ 4組  児玉 恭子
2. 「年玉 ・・・・・・・・・・ 3組 西田 安男
3. 「秩父路 ・・・・・・・・・・ 5組 泉 信也
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です