12期の広場

12期の広場

「水辺の宝石-カワセミ」

4組 内田 勝章

 最近は水がきれいになった身近な川や池などで見られる。
スズメほどの体長、頭は大きく、クチバシは長い。
羽はコバルトブル-でとってもきれい。
止まり木から小魚を探して長いクチバシでダイビングキャッチして食べる。
この瞬間をカメラでとらえるには、長い時間と忍耐が必要。
多少の根気はいるが、一度見つけたらしめたもの。
朝夕に限らずエサ場に何度も出向くと、他の鳥にはない「コバルトブル-の水辺の宝石」に会える。

奈良との県境にある雪降る金剛山にいるブッポウソウの仲間とはおそれいった。
(ブッポウソウ目カワセミ科)

-大阪府準絶滅危惧種などに登録-


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です