12期の広場

12期の広場

「ペンギン、ペンギン、うれしいな。」
「わっ! もう7時15分過ぎか。もうちょっと寝ていよう。」
とその時。
「アッチャン、起きなさいよ」と母の声
「あー、にくらしいなあ」
「ううーん」とたよりない返事。
そのまま5分位のうたた寝。
その時の気分の良いことったら。
夢心地とはこんな時をいうのであろう。
「さあ、早く起きなさいよ」ともう一度母の声。
「ふあい。」と今度はちょっぴり元気な声で
「一、二、三。」で起きあがった
「さあ、今から私の今日が始まったのだ」
いそいで洗顔、ご飯を食べ、服を着替え
ああ、なんと忙しいことか、ハンカチ、チリ紙
そらそら そらそら手袋。これで忘れ物なし。
「さあ、では行って来ます!」
満員電車にゆられて
学校へ。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です