12期の広場

掲載年月で絞り込み:       >>12期バックナンバー一覧

ようこそ、バックナンバーのコーナーに

 下記一覧表のお読みになりたい記事にポインターを当ててクリックしていただくと、その記事を見ることが出来ます。どうぞお楽しみ下さい。

 
バックナンバー一覧表

[続きを読む]
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)
 明けましておめでとうございます。「12期の広場」も9年目に突入です。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 何ほどの迎春準備をするわけでもなく迎えた元日ですが、笑顔でかわす年始の挨拶や、ささやかでも、それなりの賀正の設(しつら)えは、新年の清々しい気持ちにしてくれます。喜寿の節目を越えての正月ですから、それを喜び、新しい心構えなどに思いを巡らせながら、この年初めを過ごしたいと思っています。
 今年は平成から新しい時代へと変わっていきます。思えば、昭和、平成を生き、そして新しい時代を生きることになり、去来する感慨に期待と不安が入り混じります。
 時代が大きく変貌することだけは間違いないようです。環境悪化による気候変動はさらに深刻で、世界を含めて社会の状況も混迷を深めそうです。ハイテク技術はもはや欠かせぬ生活の基本インフラになり、その覇権争いやグローバリゼーションのあだ花がクローズアップされるなど、気がかりな事はたくさんありますが、是非、夢と希望がある時代になってほしいと願っています。
 そんな気持ちが強くあってか、新春号の花に梅を選びました。お正月の花と限定すると、どの花の写真にするかと撮影者、高見政博君の悩みはつきなかったようで、後でもふれますが、今年から「12期の広場」を季刊にすることから、早春の花々として6種類、7枚の写真を送って頂きました。「福寿草」「梅」「雪割り草」「馬酔木」「セツブンソウ」「スプリングエフェメラル(早春の妖精)」いずれも美しく、見事な写真です。
 高見君のメールに『花は同じ縁起物、松竹梅の梅の花です。この花も早咲きの種類は1月末に咲き始めます。ただこの花は写真にするのが難しく、未だに満足出来る作品を撮影することが出来ないでいます。』とありました。どうしてどうして、寒風の中、たくましい枝と可憐に咲く薄桃色の花に魅せられました。
 先に書きましたように「12期の広場」は、今月から毎月初めの月刊更新を、季刊更新にすることになります。御承知のように昨秋開催の大阪での同窓会は、最終回になりましたが、9年にわたる「広場」を閉じるのは「もったいない」と言うのが正直な気持ち。さらに、同窓生の皆さんの間にもスマホをお持ちの方が増えていることから、今しばらくは、継続しようということになりました。基本は年4回、新春号(1月1日)、春号(4月1日)、夏号(7月1日)、秋号(10月1日)の発行になります。また、従来の「HP委員会」を「HP委員グループ」にして編集を担当することになりました。
 今まで通りにご愛顧くださるよう、切にお願い申しあげます。
 季刊第1号の「12期の広場」新春号のラインアップです。記事は、次の6編です。お楽しみください。
 
1.  「2018年最終の12期幹事会がありました。  
2.  「12期生喜寿の同窓会を終えて 7組  上野  裕通
3.  「もう一つの同窓会-幹事会 8組  川村  浩一
4.  「ただいま写真に、はまっています 8組  村崎  裕昭
5.  「シャンソン・ジョイントライブ 8組  榎本  進明
6.  「国道2号線淀川大橋改修の見学と海老江と淀川の歴史 8組  末廣  訂
以   上
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)
 昨年の12月2日午後5時から、大阪での最終同窓会のまとめをする幹事会が開かれました。場所は「がんこ寿司曽根崎店」です。
 恒例の幹事会ですが、今回は最終同窓会を無事終えた安堵感があって、格別の幹事会でした。
 参加された幹事の皆さんは、1組、高橋さん、八島さん、鈴木さん、2組、北浦さん、山西さん、峰松さん、藤田さん、3組、石井君、小牟礼さん、4組、酒井君、原君、古藤さん、5組、稲葉君、段中さん、6組、松田君、7組、上野君、張君、柏木さん、8組、末廣君、川村君、八島君の21名です。
 主な内容は、会計報告書の内容確認と同窓会参加者皆さんへの発送、同窓会当日の写真、その名前一覧の発送です。
 写真は集合写真のみと計画していたのですが、楽しいスナップ写真もあって、急遽、同封することになり、名前ごとに仕分けられた写真を入れて発送しました。「この人の写真は間違いなく入れたかァ?」など、これが、手間取り大変でしたが、和気藹々です。
 作業を終えて、乾杯、懇親会を始めました。
 思えば、このメンバーで、13回の同窓会を開催してきたわけですから、感慨もひとしおです。お酒をついで回り、談笑する幹事さん、思い出に笑いころげながら握手する幹事さん。皆さん、肩の荷をおろした安堵感一杯で、一層リラックス、笑顔あふれる懇親会になりました。
 幹事会ではホームページの「12期の広場」を月刊から季刊に変更し、いましばらく継続することが承認されました。また、「HP委員会」は解消し、いままでのメンバーを中心に「HP委員グループ」とすることになりました。
 最後に、代表幹事の酒井君が、感涙にむせびながら、幹事の皆さんのご協力、幹事会を支えて下さったすべての方々への感謝を話されました。
 午後9時前、すべての予定を終えて、幹事会は終了しました。これで、幹事会も一区切りをつけたわけですが、今後、全体同窓会行事や小規模の同窓会など、色々な機会を通して、交流を続けていくことになりました。
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)

12期生喜寿の同窓会を終えて

2019年01月01日(火)
7組クラス幹事  上野裕通

 新年明けましておめでとうございます。健やかに初春をお迎えのことと存じます。昨年、平成30年10月28日(日)、33年間かけて13回も開催された同窓会が閉幕しました。代表幹事の酒井さんをはじめ幹事の皆様の熱意があり、それに応えた参会者の熱意があったからこそ、これまで継続したと思います。
 13回目は参加者が12回目よりも10人も多かったのは、遠来の友が、カナダから、北海道から、東京からたくさん駆けつけてくださったこと、また、病気療養中にもかかわらず無理を押して来ていただいた熱い思いがあったからだと感じました。
 13回の同窓会にすべて参加させていただき、大変大事なものをいただきました。それは、友達としての「つながり」の再確認でした。出会った友とは時間を飛び越え、すぐに昔に戻れた嬉しさです。また、高等学校時代に話したこともない女子とも気軽に話をさせてもらえたのは、年齢を重ねた証拠であったように思います。
 同窓会がきっかけで12期の広場が開設され、ホームページの管理運営に関わって来られた方々にも深く感謝しています。多くの同窓生の消息が知ることができ、喜んでいます。
 今後は、これまでに培った「つながり」を大切にし、自主的に連絡を取り合い、出会いの機会を設ける努力をしようと思います。体の衰えが訪れぬ前に。取敢えず、今年の4月、舞洲の市岡の森である「花見の会」には出席できるよう健康管理に努めます。皆さんも、いつまでもお元気でいてください。
 終わりに、市岡高等学校の100周年記念式典に寄せて、ジェームス三木さんが寄稿された創作詩を添付させていただきます。
 
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)
8組クラス幹事  川村浩一
 
 あけましておめでとうございます。平成最後のお正月、いかがお過ごしでしょうか。
 大阪での同窓会は昨秋、33年をもって終了しました。幹事の一人として、やむを得ない面もありますが、残念に思っています。皆様、ご協力ありがとうございました。
 この最後の同窓会(10月28日)の前後に幹事会が行われました。初回が4月、舞洲の花見のあとで、二回目は8月、三回目は10月で、母校・同窓会館に集まり案内状の発送や、当日のプログラム、役割分担を決めて開催当日を迎えました。同窓会開催後の幹事会は12月、会計報告や写真発送作業をしました。毎回集まるのが二十数人ほどです。この模様は「12期の広場」で紹介されています。(も一度見てください。)もちろん幹事会のあとは、懇親会も付いています。これが楽しい。
 私が幹事会に出るようになったのは1995年からです。8組幹事の末廣君に誘われて参加しました。この年は、原君の協力で道頓堀ニュージャパンを作業会場に使っていました。初めて参加した時は、知らない顔の方が多かったように思います。
 2000年は2組の久保(小西)さんのお世話で花見を兼ねて茨木・徳秀苑で行ったり、いつだったか、貝塚温泉「ほの字の里」に1泊の泊りがけで行ったりで、いつも幹事会は、完全にミニ同窓会。二十数名のクラス幹事さんも完全に仲間と思えるようになりました。
 大阪での同窓会は終わりましたが、今後も幹事会は続くはずです。同期の仲間ならだれでも幹事会に出れば幹事です。8組の幹事は末廣君を筆頭に塩野君、谷君、川副君それに私。定員などありません。
 今年も何回かの幹事会がもたれると思います。元気なうちにぜひ参加ください。
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)
8組  村崎 裕昭
 
 ミラーレス一眼カメラ歴、たった1年半の超ビギナーです。75歳にもなって、一眼カメラにチャレンジし始めた訳は、背景がとろける様にぼけた、いわゆる「ボケ味」の効いた雰囲気のある写真に興味があったからです。 最近では、広角レンズを使って、遠近感の効いたド迫力のある風景撮りにも関心を持つようになりました。

今回、同窓会で紹介したいからとの依頼を受け、お断りもできず、レベルの低い作品をお出しすることになり、恥ずかしい限りです。
 
 まず一枚目の写真は、北鎌倉にある、アジサイで有名な明月院・本堂の通称「悟りの窓」です。

「悟りの窓」と呼ばれる魅惑的な名前と、この部屋の日本的な「和の空間」に心動かされました。「丸い窓」の向こうには庭園があり、「窓」を通して、四季折々の庭の景色の一部を切り取って眺める事ができます。何時までも眺めていたい光景です。

 さて、撮影のポイントは、この「悟りの窓」をモチーフに、「和の美しさ」 ( Japanese beauty )を表現出来るかどうかです。 「写真は足し算と引き算で、背景に何を選ぶか、背景をどう切り取るかで、写真の出来の50%が決まる」と言われています。
 
 今回は「悟りの丸い窓」を主役に、「天井のほのかな灯り(あかり)」を脇役にし、周辺を薄暗くすることで、「悟りの窓」と「天井の灯り」の二つの光を浮かび上がらせました。これにより、二つの光を対比させつつ、瞑想的な悟りの雰囲気を表現することにしました。

[ Less is more ](少ないほど、豊である)という考え方がありますが、静かで落ち着いた「和の美しさ」が伝われば良いな、と思います。

 次の写真は、鎌倉八幡宮の舞殿(まいでん)です。

この舞殿は、静御前が義経を慕い、心を込めて舞った若宮廻廊の跡に建ち、「下(しも)拝殿」とも呼ばれています。

 鎌倉観光の代表的スポット、鶴岡八幡宮境内のほぼ中心部に位置し、ある意味八幡宮で一番有名な場所です。運がよければ美しい巫女さんの神楽舞に出会うこともできますよ。



四面吹き抜けで、屋根は唐破風(からはふ)の入母屋造り、その美しい屋根の勾配と内部の鮮やかな朱色に目を奪われます。
 
 広角レンズは、手前のものがより大きく、奥のものが小さくすぼまるように見えるという、「遠近感」が強調される特徴があります。 今回は、舞殿の正面の張り出し部である向拝 (こうはい)の庇(ひさし)の部分に焦点をあて、超広角レンズを使って「遠近感」を強調し、大きくド迫力で迫ってくる舞殿を表現することにしました。

 建物に出来るだけ近づき、ひざをついて地面すれすれの位置から見上げるようなアングルで撮影しました。

 四隅および周辺部での大きさを極端に誇張することで、繊細で美しい朱色の建物に迫力というアクセントを添えました。

 これは、ホトトギスの花の写真です。

 明月院の境内の隅で、ひっそりと咲いている小さな花に、目が止まりました。社務所の女性に花の名前を聞くと、「ホトトギスですよ」とのこと。ユリの花を、ごくごく小さくしたような形で、内面に濃い紅紫(あかむらさき)色の斑点がついています。暑かった夏に終わりを告げ、秋の到来を感じさせてくれる花です。小ぶりながら、存在をしっかりと主張して咲いている可愛らしい花の姿に、心動かされました。










 撮影のポイントは、いわゆる「ボケ味」のきいた、雰囲気のある花の姿を表現することです。

 やわらかく、とろけるよう緑を背景にして、その中から「す~っと伸びてくる茎」、その先に付いた「紅紫色の花」と「つぼみ」を幻想的に表現しました。

言い訳になりますが、あいにくの風に花が揺れて、残念ながら「しべ」のピントが甘くなりました!!  ご愛嬌までに。
post by 12期HP編集委員 | コメント(2)
8組 榎本進明
 
 今や恒例となった11月・秋のシャンソンコンサートが、11月25日(日)に行われました。大石橋宏次夫人・美沙子さん(あい美沙子)と、昨年同様マリBUNKOさんとのジョイントライブです。
オープニングで歌う、左・マリBUNKOさん
右・あい美沙子さん
東京12期会の出席者は、 大石橋夫妻はもちろんのこと、泉夫妻、村崎夫妻、山田夫妻、榎本夫妻の5組プラス西條君です。
 今回の会場は、いつもと同じでしたが、補助椅子をなくして入場人数制限されたので、ゆったりとした雰囲気でオープンしました。オープニング曲は二人で、続いて、あいさん、BUNKOさん、交互で、また、トークも入って観客を楽しませてくれました。まったくのプロのコンサートです。歌はもちろん、トークもプロ、最高のエンタテナーで大満足でした。
 あいさんが一部で歌われた5曲をCDに入れて、天皇陛下に献上した旨のお話がありました。皇后陛下のお好きな「パリの屋根の下」も入れ、「一本の鉛筆」「陛下お茶をどうぞ」「千羽鶴」「哀しみのソレアード」です。故吉住法子先生に師事されたご縁でこのような機会が与えられたとのことです。会場の正面の席には、吉住さんの遺影と、ギタリストの息子さんと妹さんも招かれていました。
 ピアノは、今年は川口信子さんで、初めてお目にかかりました。二人の歌手との相性は抜群で、新鮮な雰囲気を醸し出していました。将来性を感じたピアニストでした。
 あいさんがBUNKOさんにトリの唄としてリクエストした「ヨイトマケの唄」には涙がこぼれました。得意な曲を皆さんに聞かせてあげたいと、「あいさん」の気持ちが伝わってきました。そして、アンコールと二人のエンディング曲でコンサートは終了しました。


 さて、ここからが毎年行われる12期会の宴会です。今年は村崎夫妻がハグをする番です。3年前から金婚式を迎える夫婦がハグをさせられています。おめでとう村崎夫妻。そのあとは、今日のこと、最後の同窓会のこと、話題には事欠かない仲間の長話が続いてお開きになりました。

post by 12期HP編集委員 | コメント(1)
8組   末廣 訂
 
見学日―平成30年4月20日(金)午前10時~11時半ごろまで。 参加人員11名
1.  はじめに
 当日は久しぶりに雲一つない快晴で、絶好の見学日となった。午前10時前に会員は工事事務所のある旧中津運河ベリのプレハブ事務所に集まった。
 この見学に申し込んだのは、福島区歴史研究会より総勢11名である。
 
 事務所内は会議室になっており、各テーブルに、ヘルメットや安全ベルト・反射チョッキが置いてあり、前方には、パソコン・プロジェクター・スクリーンが準備されていた。担当の方にお聞きすると、今まで約40団体が見学に来たとのことです。
 手元に説明資料が準備され、担当の方からプロジェクターを使いながら説明をいただいた。説明の内容は「淀川大橋の概要、橋の構造、淀川大橋の歴史(西成大橋から淀川大橋へ、鉄道と併用橋、大阪大空襲による被害)そして老朽化の現状と工事内容、床版取替工事、工事の日程」等であり、専門用語が多かったが写真等もあり理解しやすかった。
 この大改修工事は約3年かけ、2020年3月までかかる工事というものです。
 約30分の説明後、見学の準備として、テーブルにある反射チョッキ、ヘルメット等を各自着用した。
 
2. いよいよ工事現場の見学へ
 工事事務所から現場まで約100メートル、重装備姿で一列に並んで歩き、大橋の袂(下流側の現場)にたどり着いた。
 一歩工事現場に足を入れると、大型の機械や機材がおいてあり、まだ舗装ができていない橋道が続いており、右側には交通渋滞の車が並んでいる。舗装ができていない床版上を150メートルほど歩き、その後、橋脇の木組みの足場(幅は約1.5メートル)を100メートルほど進んだ。このあたりになるとほぼ橋の中心部で風が涼しい。ここで、案内の人が今度は下に降りる狭い階段の取手を開け、下に2メートルほど降りた.
 ここは車や人が通っている下で、所謂、橋桁の部分で鉄筋の柱がタテ斜めに乱立いるのが見える場所である。まず驚いたのは、先の大戦で数回にわたり米軍機の爆撃機による攻撃で、被害を受けた痕跡があった。いわゆる戦闘機による機銃掃射により銃弾が貫通した銃弾の痕跡が数か所あり、空襲の激しさを今に伝えている。
 一方、大橋ができて100年近くたち、床版の損傷、鋼材の腐食、また、コンクリートの剥離や鉄筋の露出があり、橋の健全度(橋単位)は4段階でレベル3の悪い状態であると説明を聴いた。
 大正末期の大工事だが、建設当時、大量の鋼材を国内製造で困難であり、八幡製鉄所、神戸製鉄所の他、アメリカやイギリスから鋼材を運んできたという刻印が確認されている。当時は丁度関東大震災(大正12年)の直後で、のちに阪神電鉄の路面電車が走る等、地震に強い橋梁の施工が要求されていた。
 まさに大阪は西成郡を大阪市に編入し、人口211万で日本第1位、世界でも6番目の大都市で大大阪の時代であった。
 橋桁の見学後、上にあがって全員で記念写真を撮った。また、工事担当の方から我々が福島区歴史研究会であるので、記念として当会へ弾痕跡が残っている橋脚部分を約70センチ四方に切取り、寄贈してもよいと提案をいただき、5月の連休前後にいただき、現在、福島図書館と福島区役所5階の2か所で展示中です。
 
3. 淀川と地元海老江の歴史
 我が家に「淀川大橋開通式記念・大正15年8月25日」の刻印がある直径15~6センチメートルの丸い鉄製の記念皿がある。祖父が竣工渡り記念式典に参列した時の記念品ときいている。
 淀川や中津川は大阪の人々の日常生活を大いに潤していたが、その反面、度重なる水害によって人々を苦しめてきた。特に明治18年の台風は被害が大きく、枚方で堤防が決壊したため、大阪市内で14,000戸が流失し、死者も出た。
 のちに治水翁と称賛された大橋房太郎が政府に働きかけ、明治29年に河川工事を国が行うという河川法が成立した。そして当時蛇のように曲がりくねっていた中津川を毛馬辺りからまっすぐ大阪湾に流すという大治水工事が31年から始まった。
 ところが、この工事により、当時の海老江村の土地65%(90町歩・甲子園球場の25倍)が川底になり、しかも海老江新家(現西淀川区花川町)は分断されてしまった。現在でも花川町に海老江南桂寺の檀家がおられ、数10軒の方がお参りに来られている。
 また、海老江村の墓は移転し、「野田福島の戦い」で織田方の陣営だった「海老江城・砦」は川底になった。しかも当時農業が主体だった海老江の農家の田畑も川底になってしまった。
 新淀川の掘削で出た土砂を運ぶため、中津運河が並行してできた。土砂は当時の井路川を通じて、梅田付近、大開や海老江にあった川や池を埋め立て、そこに新しい住宅や工場が建ち、どんどん人がうつり住み新しい町ができてきた。淀川の土砂を運んだ中津運河は昭和になって埋め立てられ、新しく淀川左岸線の高速道路の予定地になっている。この治水工事を記念して海老江八坂神社裏の公園に「疏河紀恩の碑」が建っている。(写真右)
 その後、新淀川に有料の橋がかけられ、「淀川の 銭取り橋や 寒習い」と詠んだ松瀬青々の句が残っている(海老江の住民は無料であった)。そして明治末に当時西成郡で一番大きな橋、西成大橋が完成した。現在その「西成大橋」の親柱が海老江八坂神社と花川町の鼻川神社の境内に残っている。大正末に、西成大橋の上流側に並行して、現在の淀川大橋が建設されることになった。
 明治37年生まれである父親から子供の頃、淀川の土手工事が続いており、「モッコ」を担いだ工事人が土手を行ったり来たりしていた話を聞いたことがある。
今回、淀川大橋の改修工事の見学に参加でき、親から聞いた話や街の変化、また先の大戦で1トン爆弾が淀川大橋と我が家の前に落ちたこと等を思い出し、ひとり郷愁の思いで見学した。  
 その後、歴史研究会の会員10名で上流側の床版取替工事と1トン爆弾が落ちた橋桁を11月末に2回目の見学をした。そして、10月頃から左岸線(阪神高速道路)の本格的な工事がはじまっている。したがって淀川河川敷の子供の遊び場や野球やサッカー・テニス場の利用、天気の良い日は、バーベキューを楽しむ家族や団体が見られたが、高速道路の完成までの7~8年間は進入禁止で、これらの風景は見ることができない。

 
 
 註: この文章は「福島区歴史研究会会報 第11号」に掲載されたものです。筆者の末廣訂君に「12期の広場」への転載をお願いしたところ、一部改訂頂き、掲載となりました。ありがとうございました。
 「平和の碑」の説明文にある「6月26日の死者」は、1945年のこの日、「第5次大阪大空襲」時に犠牲なられた海老江の方々のことです。( HP委員 記 )
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)
 12月、師走です。さすがに寒くなりました。早々と我が家では、石油ストーブが活躍中です。
 1年の最後の月だけに、加速する時の流れへの戸惑いや、多事多難、決して平穏ではなかった日々への感慨など、いろいろあって、ちょっとした焦りみたいなものを感じてしまいますね。
 平成最後の12月。またその平成とほぼ重なった同窓会が最終回を迎え、喜寿に付合するように、77人が集まったことなどを思い起こしながら、1年の締めくくりにふさわしい12月になればと考えています。
 
 今月号の花は、洋花のラン、デンファレです。初めて聞く花の名、初めて見る美しい花で、穏やかな心持ちになります。
 高見政博君が送ってくれた5枚の写真の中から、これを選びました。そのメールに次のようにありました。
 「朝晩急に冷え込むようになりました。季節はもう晩秋ですね。今年も後40日余、いつの間にか忍び寄る老いを感じています。遅くなりましたが、12月の花です。12月は自然界で咲く花は山茶花など限られていて、適当なものがありません。どれにするか迷っていておそくなりました。そこで、今月は不本意ながら温室の花で、洋蘭にしました。写真はデンドロビュームファレノシプス、通称デンファレです。」
 思えばこの月に良く目にする花は、やはり洋花のようです。特にクリスマスが近くなると、大阪や神戸のショッピング街は、ポインセチアであふれかえります。大阪での万国博覧会開催も決まりました。これから関西の町なかで耳慣れない外国語を聞く機会が、さらに増えることでしょう。
 関東在住の同窓生のS君から、大阪万博の2025年に又会えるのかとのメールがありましたが、“齢84才、会えれば全く目出度いことですね” と返信しました。7年後も元気でいるだろうか・・・・・、はてさて如何なりますことやら。
 
 2018年最後の「12期の広場」のラインアップは、以下の通りです。
 「喜寿の同窓会」の報告文と、参加された10人の方々に書いていただいた文章を載せました。お楽しみください。
   
1. 「2018 大阪府立市岡高等学校12期同窓会が開催されました
2. 「同窓会に参加して」・・・・・・・・・・・・ 
2組 久保 幸子 3組 石井 孝和
3組 高橋   要 4組 重松 清弘
4組 藤田 勝利 5組 梶   英子
5組 山本久美子 6組 松田 修蔵
7組 柏木 赫子 8組 稲田   紘
      以 上






 
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)
 10月28日、午後12時50分から、ホテルクライトン新大阪で、「2018 大阪府立市岡高等学校12期同窓会」が開催されました。今回の同窓会は大阪での最終同窓会、また喜寿の節目を迎えた同窓会です。 
市岡高校第12期生同窓会  平成30年10月28日  於:ホテルクライトン新大阪
 
 当日は有終の美をかざるにふさわしい見事な秋晴れ。これで終わるのかとの一抹の寂しさがあるとは言え、二年ぶりの同窓生との再会に心浮き立つ一日になりました。
 12時頃からの受付で、一時は受付前がごった返す有様で、この一日に寄せる熱い気持ちが溢れます。同窓会には福井金治先生ご夫妻と、はるばるカナダから来られた山本久美子さんはじめ、国内は、北は北海道、南は広島までの日本各地からの同窓生77名が参加されました。
 12時50分から同窓会本会に先立ち、「海老江村」と八坂神社に伝わる「頭屋と宮座神事」のビデオの映写がありました。これについては本会の中で、その当事者のお一人である末廣訂君から更に説明がありましたので後でふれます。
 続いて写真撮影がありました。今回初めての全員集合の記念写真。会場一杯を使った撮影で、この5倍を越える学友と母校を巣立ったのかと感無量です。
 1時40分頃から本会が始まりました。司会進行は張志朗君(7組)、段中文子さん(5組)のお二人です。
 最初に物故された方々への黙祷をささげました。前回同窓会以後、8組の橘實君、6組の久保武治君のお二人が亡くなっておられます。
 幹事会を代表して4組の酒井八郎君が挨拶されました。
 酒井君は33年にわたる同窓会を振り返りながら、恩師の先生方や同窓生皆さんのご協力、またご家族のご協力に深い感謝を述べられました。また、大阪での同窓会は終了しますが、豚汁会や舞洲のお花見、全体同窓会の総会などを通して、これからも同窓生の絆を大事にしていきたいと話されました。
 福井金治先生の力強いメッセージと乾杯の音頭にあわせて、全員で乾杯の盃をあげ、歓談会食に入りました。
 おいしいお食事とお酒、久しぶりの再会に会場は、最初から大盛り上がり。初参加の方も、顔がわかるだろうかと不安に思っていたようですが、瞬時に高校時代にタイムスリップして懐かしさとうれしさが込み上げてきたようです。
 難病を患いながらも動ける今が大切と、思い切って出て来て本当に良かったと言っておられた同窓生が複数人おられました。
 今同窓会では、特別プログラムを準備していました。その最初として末廣訂君から、「頭屋・宮座神事」についての説明がありました。末廣家は江戸時代からの宮座衆で、ご本人も何年か前に「頭屋」を務めています。毎年12月15,16日に行われるこの伝統行事は、何百年も続いており、現在大阪府の無形民俗文化財に指定されています。古式豊かな神事とその継続と伝承は、大きな驚きと感動を呼んだようです。
 暫く歓談を続けた後、特別プログラムの第二弾である「合唱」「趣味の写真」「独唱」「社交ダンス」「健康体操」が始まりました。ここで女性の司会は、古藤知代子さんが、ピンチヒッターで登場しました。
「合唱」は2組の皆さん。曲目は高校時代の合唱コンクールで優勝した「南国土佐をあとにして」です。指揮はあの時と同じ杲田慶子さんで、往時を思い出させるのに十分でした。
 「趣味の写真」は6組の高見政博君のお話しです。高見君は病気療養のため、卒業は13期です。なんと12期の私たちが卒業する時に、
在校生代表で送辞を読んでくれたそうです。見事な写真の数々に見とれていた時にハプニング。何を勘違いされたのか、福井先生が飛び入り、お蔭で高見君の話は中断してしまいましたが、美しい写真をもっと見たいとの声がしきりでした。
 「独唱」は、同窓生きっての美声の持ち主である1組の鈴木政子さん。曲目は「冬酒場」で、大喝采でした。
 さて期待の「社交ダンス」は酒井八郎・段中文子組。お二人ともダンス歴がうん十年の踊り手で、期待にたがわない見事で、艶っぽいダンスです。演目は「ルンバ」、曲は「ひまわり」です。大向こうから何度も声がかかりました。
 最後の「健康体操」は嶋田ハルコさんです。嶋田さんには前回にも講演をしていただき、たっぷりと汗をかかせていだたきましたが、その指導はさらに磨きがかかったようで、一気に会場の雰囲気をたのしく、ユーモアたっぷりに盛り上げて下さいました。手拭いを使った、シンプルな体操ですが、姿勢が良くなり、元気が出たようです。
 特別プログラムの後、しばらくご歓談の時間を取って、恒例の「遠来の友のスピーチ」に移りました。
 遠来の友のトップバッターはカナダから来日された、5組の山本久美子(旧姓 古荘)さんです。仲良しの柏木赫子(7組 三重在住 旧姓 後藤)さん、児玉恭子(4組 東京在住 旧姓 青木)さんと一緒に登壇しました。山本さんは初参加で、58年ぶりの同窓生との再会です。
 続いて、札幌市在住の3組の黒田昌男君、市岡東京12期会のメンバーで、仙台在住の6組佐藤裕久君、東京在住の泉信也君(5組)中柴方通君(6組)、千葉在住の重松清弘君(4組)、神奈川在住の榎本進明君(8組)、杲田慶子さん(2組 旧姓 鵜飼)、静岡在住の上原澄子さん(1組 旧姓 大川)、愛知在住の小野義雄君(6組)、広島在住の辻紘一郎君(8組)、大阪在住の稲田紘君(8組)の皆さんがスピーチされました。

 スピーチはどれもがそのお人柄と、歩まれた人生の滋味にあふれるもので、ユーモアと機智が随所にちりばめられたものでした。
 同窓会も終盤です。
 酒井君の指揮で、校歌を一番から三番まで声を張り上げて歌いました。
 閉会の挨拶を副代表幹事の北浦昌子さんがされました。北浦さんは、楽しい同窓会になったことについてお礼を述べられながら、数首の短歌を披露され、皆さんお元気お過ごし下さいと結ばれました。北浦さんが詠まれた短歌の内の二首を以下に紹介います。
 喜寿迎え 素直に嬉し この人生 忘れはしない 市岡時代
 喜寿となり ますます栄えある12期は 哀愁ただよう有終の美
 午後5時過ぎ、同窓会本会は、全予定を無事終了して閉会となり、小休止を経て、二次会に移りました。
 二次会会場は1階のカラオケ兼喫茶スペースです。集まった同窓生のほとんどが、これに参加され、二次会も大盛況です。
 二次会の司会進行は、6組の松田修蔵君と7組の柏木赫子さんです。最初に6組の井東一太郎君が「手品」」を披露し、その後、カラオケとお喋りになりました。
 カラオケは時間一杯、途切れることがありません。また、喫茶スペースでは幾つものグループが出来てお喋りに夢中です。ケーキとソフトドリンクが主でしたが、さらにビールにお酒で酒盛りを始めるグループもあり、元気がはじけていました。
 最後の同窓会、名残はつきませんでしたが、午後7時半ごろに全予定を終了し、散会となりました。
post by 12期HP編集委員 | コメント(0)