12期の広場

12期の広場

「12期の広場」2019年夏号のラインアップ

 早いもので令和元年も折り返し点の7月で、いよいよの夏本番。近畿地方の梅雨入りは遅れているようでが、ここ2~3日、ジメッとした暑さがまして、一雨くれば即、梅雨入りとなりそうです。
 夏至の日にこの文章を書いています。夏至は太陽の南中高度がもっとも高くなる時期で、太陽が真上から照り付け、そして日照の時間がもっとも長くなります。容赦のない強い日射と、どんどん貯えられる地熱で、今年も猛暑・酷暑とうだる熱帯夜は避けがたいようです。またその先ぶれにじめじめ、むしむしの梅雨の洗礼を受けるわけですから、少々気分が滅入ります。すでに梅雨入りし、先日激しい雨に見舞われた関東地方のそれは、梅雨と言うより"雨季”の豪雨と言った感じです。
 さてさて“この一夏”をどう切り抜けるか、何が出来るわけではない思案に今から心が細りますね。元気に、心健やかに、何事もなく、“この一夏”をすごしたいものです。
 
 今月号は季刊更新の二回目の夏号ですが、編集記事の内容やそのペース配分は、いまだ手探り状態です。月更新と異なる“よそおい”があるはずと思いながらもそれがはっきりしません。当面はこの状態が続くと思いますので、宜しくお付き合いください。
 今号で初めて母校のクラブ活動紹介に類する記事を掲載しました。母校への応援も実状を知ってこそとの考えから言えば、もっと早くに扱うべきであったと思っています。できれば、これからも多角的に紹介できたらと考えています。
 
 さてわが「12期の広場」2019年夏号のラインアップは次の5編です。お楽しみ下さい。
 
1. 舞洲市岡の森お花見会  
2. 「第34回 兵庫市岡歩こう会」がありました  
3. 母校吹奏楽部の第57回定期演奏会に行ってきました ・・・・7組 張 志朗・上野 裕通
4. 今しか出来ないこと ・・・・大阪府立市岡高校吹奏楽部部長 森下 遼
5. 四季の花篭 ― つれづれに ① ・・・・6組 高見 政博
以 上

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です