同期会

「12期の広場2021新春号」のラインアップ

 あけましておめでとうございます。今年も「12期の広場」をよろしくお願い申し上げます。
 旧年はコロナ禍一色。特に年末に感染拡大するなど、経験したことのない重苦しい一年でした。それだけに新しい年を迎えての感慨は、ひとしおのものがありますね。新年はウイズコロナであっても、一日でも早く穏やかな日常を取り戻し、笑顔で過ごせる年になってほしいと祈るばかりです。その願いを込めて、カット写真は華やかな「桜の白鷺城」(高見政博君が撮影)にしました。
 「12期の広場」も満10年が過ぎ、11年目に入りました。2011年から2018年までは毎月の1日に更新、2019年からは3か月に1回の更新になりましたから、この新春号が105回目。一寸驚きです。長きにわたって「12期の広場」を続けることができたのは、ひとえに同窓生皆さんのご協力があってこそと、心より感謝しております。
 広場開設は古希、70才になった年でした。そして開設11年目の今年は傘寿、80歳になる年であります。
 振り返れば私たちの70才代は意気軒高。同窓会には多くの学友が集い、恩師を囲んでの楽しい時間を過ごしました。また、色々な機会を作っては集まり、よく遊び、よく食べ、よく飲んで、たくさんのおしゃべりを楽しみました。一方、多くの大切な学友が鬼籍に入る悲報もありました。10年の「12期の広場」は、まさにその写し鏡であったようです。
 いよいよ80才代、文字通り人生の胸突き八丁、終着点が予感できる年齢に達しています。こんな時期にコロナ禍とは、との思いも強くありますが、この時代を生きる私たちのめぐりあわせと受け入れるしかありません。楽しみにしていた東京オリンピックの開催を含めて先行きはさらに不透明で、いろいろなことが起こってくることでしょう。
 「12期の広場」は ‟皆さんと共にありたい”を道標に、この新春号からまた新しい歩みを始めたいと思っています。重ねて、これからも一層のご協力ご支援をお願い申しあげます。
 
 さて「12期の広場2021新春号」のラインアップは以下の通りです。お楽しみください。
 
1. 「薬師岳登山とコロナ禍」       ・・・・・・・・・・ 5組  泉 信也
2. 「「マルオヒロカズ御伽草子展」に行ってきました。 ・・・・・・・・・・ 7組  張 志朗
3. 「つれづれに – 鍋が美味しい」    ・・・・・・・・・・   井 の 蛙
以上

薬師岳登山とコロナ禍

5組 泉 信也
 
 コロナ禍のなか、自粛の禁を破って、8月に古い山仲間と「薬師岳」に登った。
 薬師岳は標高2,926m、飛騨山脈立山連峰の縦走路の中ほどに位置し、岳人憧れの「雲の平」への入り口でもある。気品のある山容と氷河地形の痕跡を残すカール(圏谷)は、国の特別天然記念物となっている。昭和38年冬にはいわゆるサンパチ豪雪の中で、愛知大学山岳部の13人が吹雪にまかれ遭難した山として未だに記憶に残る。
 久しぶりの1,600mの標高差、往復14時間近い長駆は残躯にこたえたが、登頂の充足感は何ものにも代えがたい。薬師岳の雄大さと、峯雲を従えた北アルプス全山の眺望が青春時代の記憶を懐かしく甦らせ、コロナで弱った心身のリセットに恰好の処方箋となった。泊まった「太郎平小屋」は清潔で三密対策も十分、広域をカバーするWiFiアンテナでリモートワークさへできそうだ。
 北陸新幹線で便利になった東京~富山は2時間半、ローカル線に乗り換えて1時間の立山案内人の里「芦峅寺(あしくらじ)」では安全と厄除けを祈願し、立山曼陀羅の世界にしばし身をひたした。極彩色の「地獄極楽絵図」は、怖くもあり可笑しくもあるのだが、大日如来による究極の救いは、当時の人々にとって分かりやすく有難いものであったと思う。
 小林秀雄が「考えるヒント」で考察したプラトンの「国家」では、地獄極楽思想が仏教だけのものではないと教えてくれる。地獄で酷い目に遭い、極楽で結構な目に遭った者たちが一緒に野宿し、奇怪だった思い出話をするうち、運命の女神が現れて皆を「必然」の椅子に座らせ、将来の生活を選べと命ずる。結果、善悪の魂が入れ替わるのだが、「忘れ川」の水を飲んだ夫々が、生まれ変わってそれを知ることはない。高野山で見た「密教曼荼羅世界」に通底するようだが、俗人には「立山曼荼羅」のほうが分かりやすい。
 それにしても先が見えない。日々の暮らしはもとより、山登りやへぼな俳句の集まりもままならない。重苦しい気分が続く。そんなある日、知人から「感染した、すまないがあなたは濃厚接触疑い」と連絡があった。身に降りかかるとは思いもよらず、「陰性」判定が出るまでの一週間は、自分のことはともかく、家族や仲間に移してはいないかと不安が先に立ち、「いやな感じ」。初めて身仕舞いのことなども考えた。
 コロナ禍の後では世の中が大きく変わるとか、皆が口をそろえる。人類の歴史は感染病の歴史。紀元前の大昔からコレラ、ペスト、結核、天然痘、マラリヤ、チフス、エイズ、SARS、MERSと枚挙に暇がないが、ヒトはこれらを克服し、進化を遂げてきたという。この度の新型コロナ後はどうなるのか。21世紀は「未曾有の時代」の幕開けだが、自然破壊と度重なる天災、人災に、グローバル化によるパンデミックが加わり、非日常が日常となることを受け入れねばならないのだろうか。答えを見つける旅が始まる。新しい日常に適応するも、せざるも、夫々が自由で納得のいく生き様を探ることになろう。
 それにしても「薬師岳」山行に救われた。新しい年が平穏に明け、リモートでなく生身で皆さんと再会できる日が早やからんことを祈る。

『マルオヒロカズ御伽草子展』に行ってきました。

7組  張 志朗
 
 『マルオヒロカズ御伽草子展』が2020年11月17日から22日まで、大阪市福島区のメリヤス会館ラッズギャラリーで開催されました。20日(金曜日)の午後、末廣訂君と一緒に行ってきました。
 
 コロナ禍のさなかで、街中に出かけるのを控えていましたので、久々の大阪市内歩きです。JR新福島駅から会場までは、市電が走っていた時代からも大きく変貌した地域の一つ。末廣君からこの付近にある旧跡のエピソードを聞かせてもらいながら歩きました。
 圓尾君の個展に行くのは久しぶりです。またコロナ禍による巣ごもりが続いていただけに絵を見るのは新鮮で、刺激的でした。
 まず入口正面の『財前童子』が目に飛び込んできます。布カンバスにアクリルや油絵具など使って描かれた大作。頂いた案内状に書かれていた『OTOGIZOUSI 命に潜む精霊をたずねて』がすんなり心に入ってきます。
他の作品にも一寸法師、牛若、浦島、金太郎、等々が童の姿で描かれていましたが、純真無垢で生命力がみなぎっています。お孫さん誕生に刺激をうけての‟圓尾ワールド“そのもので、私は大好きです。
 作品はこの20年くらいの間に描かれたものの内、御伽草子シリーズに入るものが中心でした。
 
 この日私達を含めて12期同窓生が7人来ていました。残念ながら松田修蔵君、横幕正式君、上野裕通君、伊東慎一郎君の4人には一足違いで会えず、帰り支度をしていた八島平玐君には会えました。大病を見事に克服された伊東君を筆頭に、皆さんお元気。圓尾博一君も意気軒高で、絵画制作の情熱に陰りはないとお見受けしました。
 圓尾君、末廣君と絵の事や市岡の思い出話に花が咲きました。特に末廣君が玉田先生の日本史の授業に知的好奇心が大いに刺激されたこと、そのお陰で95点を取り、席次上位で貼り出されたこと、さらにそれが最初で、最後であった話には大笑いでした。
 
 帰路、末廣君と軽く一杯飲んでまたおしゃべりです。やはりこうして同窓生と会え、話ができることは、いまさらながらに楽しくまた嬉しいものであることを実感しました。

つれづれに - 鍋が美味しい

 鍋料理が美味しい季節になった。80才を眼前にした今日この頃は、食が細くなり、また思うほどに進まない。しかし鍋料理だけは別のようである。寒風に身をさらした後、湯気一杯の鍋料理にありつくと、それはそれは幸せな心持になる。
 
 一口に鍋料理と言っても色々あるが、テーブルのコンロに鍋をのせて食べる料理と限定しても、本当にたくさんの種類がある。
 書いてみると、湯豆腐、おでん、すき焼き、ブタしゃぶ、牛しゃぶ、もつ鍋、つみれ鍋、どて鍋、餃子鍋、しゅうまい鍋、ちゃんこ鍋、うどんすき、カニすき、たら鍋、カワハギ鍋、あんこう鍋、キムチチゲ鍋、スンドゥブチゲ、テッチャン鍋、てっちり、くえ鍋 等々。思うままにまかせてもこれだけ出てくる。
さらに、出汁ベースで考えても、和風、韓国風、中華風、欧風に東南アジア風、そのほかのエスニック出汁を考えると鍋料理の種類は限りがない。
 家庭で食べる鍋は時期や家族構成や年齢とその嗜好、懐具合によりバリエーション豊かに変わる。いわんや、手を変え、品を変えての飲食店ではなおのことである。また鍋料理ほど家族団らんが似合うものはない。不思議と会話がはずむのも醍醐味の一つ。しかし残念ながら、この頃は夫婦のみ、時には一人鍋のことが多い。
 手元不如意が毎日のことでやるせないが、てっちり、くえ鍋は滅多に食することはない。もっぱら、ポピュラーな湯豆腐と冷蔵庫にある残り物を使った湯豆腐まがいの鍋である。(誤解がないように加筆するが、“まがい鍋”は家内不在時に、困って自分で作る一人鍋である。)
 てっちりは忘年会、新年会などで食することが多かったが、それも回数が減った。これは店により、価格により食する部位や料理の仕方がかわり、千差万別。淡白でありながらも豊かな滋味と身の締まりと舌ざわりから、確かに美味である。
 くえ鍋も同様。九州地方などでは‟あら鍋“と呼び、てっちりより旨いと言う。それを実感したことが一度だけある。古い話で恐縮だが、還暦祝いにと後輩が一席設けてくれた店でのくえ鍋が、絶品であったことをいまだに覚えている。店の大将曰く。和歌山の漁師直送のくえを使っているそうで、それもたやすくは手に入らないから、毎日電話をしてやっとの思いで手に入れる。また、くえ鍋ほど、‟まがい物”が出回っているものはないと言う。その言に従えばそれ以来、‟本物”と思われるくえ鍋は食べていない。
 息子、特に孫が来たときは、すき焼きが定番になり、カニすきは正月と、おおむね決まっている。
 鍋の中でよく食べるのは、やはり湯豆腐だろう。豆腐と白菜、ネギにポン酢があれば満足で、簡単にできる。さらに春菊が手に入れば言うことがない。しかも淡白で味わい深く、食が進み野菜がたくさんたべられる。
 豆腐は“絹ごし”、もっぱらスーパーマーケットのそれ。味のレベルは高い。“絹ごし”とはよく言ったもので、肌のきめ細やかさ、箸当たりと口に含んだ時の舌触りのまろやかさ、旨味は格別で、うれしくなる。たまに、豆腐の移動販売車から買うことがあるが、さすがに大豆の香りや旨味が強く、湯豆腐が際立つ。しかしタイミングが問題で毎回というわけにはいかない。
 白菜もスーパーで売っていてそれを使うが、やはり冬の白菜が一番。良い白菜に当たった時は思わずニヤリ。柔らかくみずみずしくて甘みが強く、旨さが一層引き立つ。
 具にも、薬味にもかかせないのがネギである。具のネギは煮すぎないようにして食べる。春菊はしゃぶしゃぶした半生を食べるのが一番と思うがどうだろうか。薬味のネギは、きざみたてが一番。特有の青臭い香りと辛みは薬味として必須である。ついでに書けば、下の孫の大好物がネギであることもうれしい。
 要はポン酢。家内が選び、買い置いたものを使うが、その「旭ポン酢」を気に入っている。
 筆者はポン酢好きである。宴会の席でもポン酢の入れ替えは必ずお願いする。ポン酢がうすまり、出汁のようになって味がぼけるのが嫌である。昔はポン酢などという‟上等品“ではなく、酢と醤油を使っての間に合わせであった。事実、独身で一人暮らしをしていた若い頃、豆腐と白菜、出汁雑魚だけで湯豆腐を作ったことが幾度もあったが、‟味の素“を入れた‟酢醤油“で食べ、満足していた。
 こう書いてくると、鍋好き男の下手な‟食レポ風“になってしまいそうだが、どうしてどうして、ただ一寸かたよった味覚の持ち主の鍋への戯言なのである。
 考えてみれば、結局‟酢“が好きなのである。実際、酢の効いた食べ物はおおむね好物で、特に母が作った“胡瓜の味噌酢もみ”はそれだけでもご飯をお代わりすることができた。たびたび酢を使ったおかずが出ていたことを考えると、母も酢が好物であったのだろう。
 筆者が3~4才頃、夜が明ける前から “マンマ、マンマ”と母の頬を打っていたと母から聞かされたことがある。それだけ幼い頃から食い意地がはっていたことは間違いない。
 男の味覚は幼くしては母、結婚しては妻、老いては嫁に左右されると聞けば、一寸わびしい感じがする。しかし食い意地が張ってもしょせん味覚は、食通のそれにほど遠いのが実態で、ありていに言えば“ほどほど”で良いと思っている。つまるところ、好物の味でお腹がふくれ、それなりの満足感が得られればいう事がないのである。
 人生も最終章。今、美味しいと思い、食するものがあると言う事は本当に有難いと、しみじみ思っている。
( 井の蛙 )

19期の皆様へ

19期の皆様、お元気ですか。
世の中は、今年の初めからコロナ禍に世界中大変な事になり、収束の兆しもないまま師走を迎えました。ワクチンも開発が進みアメリカ、イギリスはじめ投与がはじまりましたが、我が国ではあと少し時間が必要と言われています。特効薬も許可に時間がかかっているようです。慎重な官僚体質が災いしているようにおもわれますが。
あと暫くは、不用不急な外出を避けて家に籠りながら世の中の流れに逆らうことなく静かにコロナ騒ぎの収まるのを待つしかありません。しかし、同期の仲間には医療に携わる方もおられ現場で奮闘されコロナとの闘いに身を挺して日日頑張ってくれている事は尊崇の極みです。
来年の春には何とか収束し、通常の生活が戻ってきてほしいものです。
市岡同窓会からの便りによりますと来年の5月16日に創立120周年記念式典と関連行事が予定されています。
我々の19期の同窓会もこの120周年イベントに便乗して開催できればと考えていますが、もう少し様子を見て幹事の皆さんとも相談して進めていこうと思っております。準備をして案内するには、会場のこともありあまり時間がありません。
いずれにせよ、120周年記念式典には19期の同窓会の臨時イベントを何かしらの開催する予定ですが、この120周年の行事自体未だ詳細未定のままだと聞いていますので。決定確認の上のこととしたいと考えておりますのでよろしくお願いします。
来年令和3年には、東京オリンピックパラリンピック開催される日本にとっても歴史的な年、古希を無事に通過してもいろいろなことが、目の前におこります。来年も我々19期の同窓会の仲間達が、健康で充実した1年でありますように互いに励ましあい頑張って参りましょう。
19期の皆様に幸多きことを祈念しております。来年もよろしくお願いします。また、同窓会でお会いするのを楽しみにして。
令和2年12月20日
市岡19同窓会 幹事代表
下川 真二
川﨑 健市
画像はゴルフ部会(2019年10月15日)の集合写真です!

【高37期】市岡高校37期生同窓会『令和だョ!全員集合』中止のお知らせ

37期生の皆様には益々ご活躍のことと存じます。
 
さて、2021年5月2日に延期開催を予定していた市岡高校37期生同窓会「令和だョ!全員集合」は、現時点においても新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立たないことから、来年5月に安心して同窓会を開催できる状況ではないと判断し、中止することとなりましたのでお知らせします。参加を予定されていた同期生の皆様にはご理解賜りますようお願い申し上げます。
 
いつか同窓会が開催できる状況になりましたら、夏季オリンピックイヤーにこだわることなく改めて同窓会を企画しますので、それまで楽しみにお待ちください。今度こそ皆様と『全員集合』いたしましょう!
 
37期生同窓会『令和だョ!全員集合』
幹事一同
【連絡・お問い合わせ先】
37期生同窓会事務局 幹事 久米秀樹(3年4組)
携帯電話 090-9285-1601
電子メール kume7181☆gaia.eonet.ne.jp
※上記☆は@(半角文字)に変更してご利用下さい。

「12期の広場」2020秋号のラインアップ

 10月ですね。気温も「お彼岸の中日」を過ぎて後、安定して涼しくなりました。今、しみじみと秋を実感しています。
 今年の夏は酷い暑さとコロナ禍が重なり、汗まみれの「巣ごもり」を余儀なくされましたね。特に冷房が苦手な筆者は、昼はクーラーのオン・オフを繰り返し、夜はタオルを首に巻いて寝る始末で、逃げ場のない巣ごもりには、ほとほと参ってしまいました。それだけに涼しい風のありがた味が身にしみ、生き返ったような気持ちになっています。しかし、コロナ禍はいまだに終息の見通しが立たず、その予断を許していません。
 記録的豪雨に記録的台風、記録的暑さ、加えて新型コロナウィルスの感染症も記録的なのでしょう。何につけて穏やかに移ろい、そして調和するのが時節や風物と思い込んでいるのですが、こう「記録的〇〇」と続くと、ドキリとしてしまいます。
 「市岡カレンダー」も今年はさっぱり。同窓生とも長い間お会いできていません。
 4月の舞洲のお花見の中止に始まり、奈良と兵庫の歩こう会の例会も中止になりました。暑気払いと思っていたミニ同窓会も開けず、カナダ在住の山本久美子(旧姓:古荘)さんを迎えての恒例「里帰り食事会」も出来ませんでした。人とふれあい、学び、感じ、共にすることがどれほど大切かを痛感しています。そこで、同窓生有志の皆さんに近況の執筆をお願いし、今号に掲載しました。皆さんお元気で前向きです。一日も早く同窓生の皆さんと直にお会いし、楽しく有意義な時間を過ごしたいものですね。
 
 先日、新聞の訃報欄で江口大象先生が9月3日、85歳でお亡くなりになったことを知りました。母校でお教えいただいときのお名前は、江口啓爾先生です。卒業アルバムを見ますと、芸術科書道担当とあります。筆者は書道を選択しなかったので授業を受けていませんが、若々しく凛とされた先生であったと記憶しています。1組の荒川安子さんが出展された書道展(大阪市立美術館)に川村浩一君とお伺いした時、50数年ぶりにお会いしました。書の世界は全くの門外漢ですが、親しみ易さの中に豪放磊落ごうほうらいらく、カリスマ性溢れる、書の大家でいらっしゃいました。荒川さんが書家として師事された先生でもあります。
 江口先生は書道研究璞社の会長として日本の書道界をリードしてこられ、平成22年から平成30年まで「現代書道二十人展」のメンバーに選ばれておられます。また日本書芸院常務理事・顧問を歴任されました。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。
 
 ラインアップのカット写真は、わが家の屋上からとった夕空です。散歩の途中、美しい夕映えの雲を見つけ、急いで自宅に戻りカメラを向けたのですが、あっと言う間に変化して、ごく普通のあかね雲の写真になってしまいました。 “秋の夕暮れは、つるべ落し”とはよく言ったものです。
 暮れなずむ窓下から虫の音が聞こえてきます。蜩(ひぐらし)の清涼な声を聞くことなく迎えた秋、この秋もまた駆け足になりそうですね。しばらくすれば、一段と秋色は深まり、山々はとりどりの紅葉で装うことでしょう。
 
 さて、わが「12期の広場」2020秋号のラインアップです。上に書きましたように有志の皆さんに「巣ごもりの記」を書いていただきました。お楽しみください。
 
1. 「お元気ですか」      ・・・・・・・・・・・・・・・・ 2組  北浦 昌子
2. 「アイちゃん、ありがとう」 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 4組  酒井 八郎
3. 「みなさん元気ですか」   ・・・・・・・・・・・・・・・・ 7組  上野 裕通
4. 「わが家の八月」      ・・・・・・・・・・・・・・・・ 8組  塩野 憲次
5. 「私の巣ごもりの記」    ・・・・・・・・・・・・・・・・ 8組  榎本 進明
6. 「毎日が日曜日」      ・・・・・・・・・・・・・・・・ 8組  末廣 訂
7. 「僕のゴルフ奮戦記」    ・・・・・・・・・・・・・・・・ 8組  萩原 貞雄
 
以 上

「お元気ですか」

2組  北浦 昌子
 
 市岡12期の皆様、お久しぶりです。
 古川柳に “云うまいと思えど今日の暑さかな” という句がありますが、まさにこの夏の暑さは、コロナウィルスとの戦いと重なり、身も心も耐え難い昨今です。
 今日は下手な川柳を並べ立てました。笑ってくださいね。暑さ飛ばしに。
 
今日も無事 沈む夕陽に ありがとう
秋ですね いいえ財布は 真冬です
やせたいと 思うしりから 団子食べ
夫婦して 熱き茶すすり 孫談義
近いのに 遠い日もある 夫婦仲
日々感謝 無事故で今日も あかね雲
フラフープ 回して得意 喜寿すぎて
世のならい 笑顔で暮らせば 花も咲く
吉本系 孫一人居て 座が和む
友達は 財産だよと 孫に教え
お化け出た 孫が云うのよ 私見て
締め出せば 忘れ物とて 戻る夫
問診表 脳みそ悪いと 書いておく
脳タリン 金も足りない 己のせい
この暑さ 風鈴一振り 自ずから
字も書けば 恥も掻きます ヘボ川柳
今日もまた 阪神大敗 テレビ消す
乞い願う 老後安泰 あの世まで

 そして最後の三首は短歌にしてみました。
 
唯ひとつ この結婚は ミステイク 云ったもん勝ち 夫婦のジョーク
寄り添いて 感謝は尽きぬ 我が人生 五十五年は 短くもあり
ありがとう 思いは巡る ふる里よ 夫と散歩の 山川嬉し
 
 短歌は亡き母(私が小学校1年生の五月に病没したのです!!)の歌集から一人で学び、折にふれて詠んでいました。歌集は私の宝です。また皆さまにお目にかかれる日を楽しみにしています。週に四日、800m、スポーツジムで泳いでいますのよ。

「アイちゃん ありがとう」

4組 酒井 八郎
 
 10年以上前から、屋上庭園の一隅に据え付けたプランターに、ミニトマトや胡瓜の苗を植え込み、親指ほどの実や、イボイボを触りながら、大きくなる胡瓜を楽しんで、朝夕の水やりをしてきました。そんな中、ついこの間 “一大事” が起こりました。
 普通のトマトの苗を一つ植えていたのですが、それがテニスボール位の黄赤色の実をつけ、明日の朝収穫しようと夕方の水やりを終えました。
 翌朝、屋上に出てみると、そのトマトの実がありません。この枝にあったはずなのにと周りを探すと、カトレアの葉の横に、真ん中を突っつかれた“穴あきトマト”が落ちていました。カラスの狼藉です。がっかりです。
 昨年迄こんな事は一度もなかったのにと思い、ハッと気が付きました。犬のお陰です。
 6才の24kg、ブタのような雌の柴犬の里親になって12年、食事療法と運動で8kgのベスト体重になり、昼間は屋上菜園で過ごす毎日です。
 いつもトマトの葉陰で昼寝をしていたアイちゃんが見張り番をしてくれていたのですね。昨年の夏、18才寸前で永眠しました。15才でお別れしていた過去の犬に比べ、長命だったアイちゃん。長い間、トマトを守り、楽しませてくれてありがとう。

「みなさん元気ですか」

7組 上野裕通
 
 令和2年は、新型コロナ感染症の脅威の中、何とか生きのびているという現状です。みなさんお元気ですか。
 4月に3組の西條軍蔵君が亡くなられたとのこと、謹んでお悔やみ申し上げます。西条君とは小学校が同じだったし、高等学校1年生の時3組の吉田学級で一緒だったこともあり、ああ、あのハンサムな西條君が旅立たれたかと、寂しさがつのりました。
 
 糖尿病という持病がある私は、今回のコロナ騒動では「死」を覚悟しなければならないかなと思いました。しかし、自分なりに防疫面に心がけコロナと共生しています。手洗い、うがいの励行、マスクの着用とアルコール消毒を欠かさないようになりました。
 予定されていた人との出会いの機会が6月末まですべてなくなり、巣ごもりの時期が続きました。4月に予定されていた市岡の森での花見も中止となり、残念でした。みんなに会えるのを楽しみにしていましたのに・・・。
 外に出かけるのは、夕方の散歩と病院通いぐらいです。夕方の散歩では、寝屋川墓地公園の夕日が当たらないアップダウンのある竹やぶの道を歩きます。ちょっと山歩きしているような気分になることと、足腰を少しでも鍛えられるからです。歩いていると同じ町に住んでいる人、何人かに出会います。「やあ!」とマスク越しに声を掛け合い、突然の出会いの挨拶を交わしています。
 
 自宅にいると、本を読む機会が増えました。福島区の歴史研究会の時に購入した大阪の歴史84「特集大大阪91年」を読み返しました。この本には、6組の井東一太郎君が担当された記事がありました。「大阪労働学校創立の所在地について」―安治川教会は西区安治川にあったのか― というタイトルでした。刊行物の町名に疑問を持たれ、詳しく調べられて寄稿されたのでした。西区九条には、1922年に設立され2年間という短い期間であったが大阪労働学校があった。その正確な所在地は、西区九条北通り3丁目にあったのであり、西区安治川などという地名は当時なかったと井東君は指摘しておられました。
 
 7月になると、退職者会の同好会活動も開催され、囲碁、ハイキング、Eメールなどの同好会活動が再開され、外出する機会も少し出来ました。やはり、人の出会いは大切です。
 今年は7月の終わりごろまで梅雨が長びき、8月になってからは猛暑となりました。この猛暑の中、青春18切符を使って一日の列車の旅をしました。日曜日で混雑していない列車はないかと考え、福知山へ行きました。大阪から篠山口、篠山口で乗り換え福知山へ。
丹波路快速は空いていました。車窓から眺める景色を堪能しました。福知山では、御霊神社と福知山城を巡りました。11時40分から14時20分の一番
暑い時に歩きましたが熱中症にもなりませんでした。水分補給を欠かさず、しっかり汗をかき下着も服も汗びっしょりになりました。福知山城からタクシーに乗り、福知山温泉「養老の湯」へ行きました。いろいろな湯に入り疲れを癒し、湯上りに「氷いちご」をいただきました。なんと美味しかったことか。帰りの列車は、福知山から大阪まで乗り換えなしの直行便でしたので、ゆっくり眠れました。帰宅したのは午後10時前。気分一新した一日でした。
(歩いた歩数:12699歩)
 
 台風9号・10号が通過した後、少し、朝夕の気温が下がってきました。そろそろ秋の訪れかなと心待ちしています。60年前の昔と気象状況も大きく変化して来ました。年寄りには暮らしにくい自然条件になってきています。これから1~2年は「ウイズ・コロナ」の生活になるようですが、みなさん、来春の市岡の森での出会いを一つの目標にして、元気に暮らしましょう。